目指せ献血ナース

移動献血車での業務とは?

血液センターの看護師は、献血バスでの採血も多いです。献血車での仕事内容はどういったものでしょうか。

献血ルームでの仕事と違い、いろいろな場所へ移動しての作業となります。
目的地が遠いなどでバスの出発時間が早いと、当然出勤時間も早くなります。帰りが遅くなることもあります。
日によって出勤、退社時間がまちまちになるということです。

 

集合したら、荷物を準備して車に積み込みます。移動中に簡単な打ち合わせをします。
バスが現地へ到着したら、事務や運転手の方と一緒に会場の設営です。椅子を並べたり、テントを組み立てることも。

 

決まった手順にそって、採血。センターに運ぶ血液の準備もします。
終わったら片付けて、次の現場へ出発という流れになります。

 

一日に1箇所〜4箇所程度まわることになります。
献血ルームの場合は成分献血に来る人が多いですが、バスの場合は装置がないので全血のみになります。

 

採血が好き、太い針でも大丈夫!という自信のある方に向いています。車酔いに強い方が良いかもしれません。
自信の無い人でも、研修があるので問題ないでしょう。ルーチンワークでもモチベーションを保てる方、一度しか合わない相手への接遇が得意な方にはおすすめです。
とはいえ、新人や経験の浅いナースでは雇って貰うのは難しいかも知れません。

 

また、残念ながら日赤の血液センターでは准看護師の募集はありません。